ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 皆生海岸施設計画検討業務

プロジェクト紹介

皆生海岸施設計画検討業務

施設計画検討結果
上図:施設計画検討の計算領域、下図:施設計画検討結果(三次元海浜変形モデルによる地形変化予測)
事業区分 建設コンサルタント事業
分野 沿岸・海岸
実施事項 海岸施設計画
発注者 国土交通省中国地方整備局日野川河川事務所
実施年度 2016
位置 鳥取県米子市
概要
皆生海岸における施設計画を立案し、皆生海岸技術検討委員会の運営補助や施設計画検討に必要な資料の作成を行いました。
工区毎に測量成果等を用いた地形変化状況や既設構造物(離岸堤、人工リーフ、突堤、養浜)の変形・機能評価等を整理し、今後の施設整備の課題を抽出しました。
施設計画では、工区により長期的な保全計画(長寿命化計画)の検討や、新たな侵食対策工を数値シミュレーションにより比較検討しました。狭域には三次元海浜変形予測モデルを、広域には等深線変化モデルを適用して地形変化予測や影響評価を実施し、最適案を選定しました。
これらの結果を全体計画書としてとりまとめ、海岸事業の費用便益分析を行いました。
キーワード 人工リーフ、養浜、全体計画、三次元地形変形解析、費用対効果分析
管理技術者 加藤 憲一
担当技術者 口石 孝幸, 吉松 健太郎, 冨永 侑歩
表彰 局長表彰(個人)
ページトップへ