ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 琵琶湖水陸移行帯モニタリング業務

プロジェクト紹介

琵琶湖水陸移行帯モニタリング業務

野洲川河口の再生ヨシ帯
野洲川河口の再生ヨシ帯
事業区分 環境コンサルタント事業
分野 環境調査/自然環境保全
実施事項 自然再生事業・生物調査
発注者 国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所
実施年度 2016
位置 野洲川河口部
概要
琵琶湖に流入する野洲川の河口では、矢板の直立護岸であった場所に魚類が繁殖できるヨシ帯を再生する取り組みが行われています。
本業務では、魚類の繁殖状況の調査や、GPS・UAV(無人航空機、ドローン)を用いた再生ヨシ帯面積の計測を行いました。また、地域の中学校と協働し、住民連携によるモニタリング調査を行いました。中学生の自主性を尊重しつつ、技術面をサポートしました。
これらの結果から、再生したヨシ帯が生物の生息・成育場として機能していることを確認しました。一方で、今後の課題を抽出・整理し、改善や維持管理のために何が必要かを検討し、具体的な計画を立案しました。
キーワード 地域連携、自然再生事業、ドローン、魚類調査
管理技術者 淀 真理
担当技術者 木村 奈保子, 井上 健彦, 山口 一馬, 平野 亮
表彰 所長表彰(会社・個人)
ページトップへ